重要な役割がある

結婚式における電報の役割

古くは緊急時の連絡手段として重んじられてきた電報ですが、電話やメールが当たり前のように普及した今日では、実際に電報を打ったことがあるという方は減少傾向にあります。それでも古くからの伝統を重んじる日本では、近年は冠婚葬祭時の社交辞令として、電報を送る文化が定着しています。 結婚式においては、「結婚式に招待されたけれど、都合が悪くて欠席せざるを得ない」「結婚式には招待されていないけれど、祝福の気持ちを伝えたい」などの場合に、祝電をお送りするのがマナーです。 一昔前までの電報は、紙の台紙を見開いたら文章が書いてあるだけという味気ないデザインが主流でしたが、最近では台紙にも様々なバリエーションがあり、ちょっとしたプレゼントとしても使えます。

祝電にはプリザーブドフラワーが最適

結婚式の祝電として、プリザーブドフラワー電報がオススメです。 プリザーブドフラワーとは、生花に特殊な保存液と着色料を染み込ませて乾燥させたもののことで、生花のようなみずみずしさを保ったまま、お花を長期間保存できる技術のことです。最近では、このプリザーブドフラワーをあしらった電報が、結婚式の祝電として人気になってきています。 プリザーブドフラワーは「枯れない花」ですから縁起が良く、新郎新婦の永遠の愛を祝福するアイテムに最適です。また、プリザーブドフラワーは数年間保存することができるので、挙式後も長く新郎新婦に祝福の気持ちを感じて頂くことができます。 プリザーブドフラワー電報を利用して、差が付く祝電をお送りしましょう。